ホーム > 書誌データの作成および提供 > 書誌情報提供サービス

書誌情報提供サービス

1. オンラインサービス

書誌データおよび典拠データを利用するためのオンラインサービスを提供しています。

国立国会図書館サーチ

国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス(Web NDL Authorities)

NDL-Bib

  • 国立国会図書館作成の書誌データを検索、利用できます。
  • 全国書誌提供サービス:日付などを選択して、新着書誌情報(作成中書誌情報)及び全国書誌を一覧表示し、MARC形式(JAPAN/MARC MARC21フォーマット)、MARCタグ形式、記号区切り形式などでダウンロードできます。また、簡易検索画面や詳細検索画面などからも検索結果をダウンロードできます。
  • 書誌データの国際的な提供や交換をより円滑にするため、MARC21フォーマットを採用しています。MARC21フォーマットの詳細は、フォーマットを管理する米国議会図書館のWebサイトをご覧ください。
  • MARC形式では、MARC21フォーマットに準拠したJAPAN/MARC MARC21フォーマットで出力します。JAPAN/MARC MARC21フォーマットをJAPAN/MARC 2009フォーマットに変換する場合には、Web変換サービスをご利用ください(動作環境に制約がありますので、ヘルプをご確認ください)。
  • 書誌データのご利用に際してはNDL-Bibのヘルプ「6-3.ご利用上の注意」をご覧ください。

このページの先頭へ

2. 全国書誌データ提供

全国書誌、全国書誌(電子書籍・電子雑誌編)及び新着書誌情報に関するオンラインサービスによる書誌データ提供は、「全国書誌データ提供」のページまたは下記のパンフレット をご覧ください。

JAPAN/MARC(全国書誌の機械可読版)を週1回提供しています。下記のページをご覧ください。

また、JAPAN/MARCの頒布事業を、日本図書館事業協会および文字・活字文化推進機構にて行っています。商品内容・価格等は、各頒布事業者のホームページをご覧ください。

マニュアル・フォーマット等については、「JAPAN/MARCマニュアル・フォーマット」のページをご覧ください。

このページの先頭へ

3. 国立国会図書館書誌データ対応システム

システムベンダーを対象にアンケートを行い、国立国会図書館が提供する書誌データの取込機能を実装している図書館システムを、「国立国会図書館書誌データ対応システム一覧」で公開しています。

このページの先頭へ

4. 書誌データ利活用説明会ほか

国立国会図書館の書誌データを利活用していただくために、説明会や研修会の開催など様々な取組みを行っています。
書誌データ利活用説明会ほか」のページをご覧ください。

このページの先頭へ

5. 書誌データ利活用アンケート

国立国会図書館では、書誌データの利活用促進のために、アンケートを実施しました。
アンケートの結果については、「国立国会図書館書誌データ利活用に関するアンケート」のページをご覧ください。

このページの先頭へ

6. 書誌データ水準

国立国会図書館では、収集する膨大な出版物(資料)について的確かつ迅速に書誌データを作成し提供するために、資料の特徴や提供の目的などによって書誌データの水準を定めています。「書誌データ水準」のページをご覧いただき、書誌データを利用する際の参考にしてください。

このページの先頭へ

7. 国際的な提供

このページの先頭へ