• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

全国書誌データ提供-全国書誌データ提供サービス一覧

全国書誌データを様々な方法で提供しています。提供方法の全体像は、以下のサービス一覧をご覧ください。公共図書館、学校図書館等、非営利の図書館等では、無償でご利用いただけます。

全国書誌データ提供サービス一覧

(凡例 ○:提供しています △:提供していますが、注をご覧ください ─:提供していません)

サービス名 全国書誌
※1
全国書誌(電子書籍・電子雑誌編)
※2
新着書誌情報
※3
提供フォーマット
国立国会図書館サーチ
※4
検索用API SRU/SRW
※5
DC-NDL(RDF)、DC-NDL(Simple)等
OpenSearch
※5

※5
RSS2.0
ハーベスト用API OAI-PMH DC-NDL(RDF)、DC-NDL(Simple)、SimpleDC(OAI-DC)
RSS RSS2.0
TSVファイル
※6

※6
TSV形式
NDL-OPAC 全国書誌提供サービス MARC形式(MARC21フォーマット、記号区切り形式ほか)
※1
法定納本制度に基づき納本された国内出版物と、納本以外の方法により収集した(寄贈、購入等)国内出版物及び外国刊行日本語出版物が対象です。
※2
2013年7月1日以降に当館が収集したインターネット等で出版(公開)される電子書籍・電子雑誌が対象です。当面、無償かつDRM(技術的制限手段)のないものに限定しています。
※3
全国書誌収録対象のうち、地図資料、アジア言語資料を除く書誌データ(作成中書誌)が対象です。
※4
国立国会図書館サーチからの全国書誌及び新着書誌情報の提供は、NDL-OPACでの提供からおおむね2日後となります。
※5
全国書誌または新着書誌情報だけに絞り込んだ検索はできません。
※6
NDL-OPACから記号区切り形式でダウンロードできます。

FAQ

Q
自館の図書館システムの検索画面から、国立国会図書館の書誌情報を検索し、書誌データを取り込みたい。
A
国立国会図書館サーチの検索用APIを、自館の図書館システムに実装してください。実装方法等は、システム導入業者にご相談ください。
Q
全国書誌データをまとめて取得し、自館の図書館システムに取り込みたい。
A
国立国会図書館サーチのハーベスト用APIを実装して、書誌データを取り込んでください。ただし、書誌データを取得する範囲等の制限がありますのでご注意ください。実装方法等は、システム導入業者にご相談ください。
Q
いち早く書誌情報を定期的に受け取りたい。
A
国立国会図書館サーチのRSS配信をご利用ください。
Q
全国書誌データを、自館の図書館システムにMARC形式で取り込みたい。
A
NDL-OPACからMARC形式でダウンロードしたファイルをご利用ください。フォーマットはMARC21です。2009フォーマットに変換する場合には、Web変換サービスをご利用ください。取り込み機能の実装が必要な場合には、システム導入業者にご相談ください。
Q
MARCを取り込んで利用しているが、APIを利用した場合にはこれまでどおりのデータ項目を利用できるのか?
A
MARC形式(MARC21フォーマット)とAPIを利用した場合のフォーマット(DC-NDL(RDF))のデータ項目はほぼ同じですが、APIのフォーマットには、ローマ字読みなど含まれないデータ項目も一部あります。書誌データの項目ごとにそれぞれどのタグでどのように表示されるのかについては、MARC21とDC-NDL(RDF)の書誌データの主な違い(PDF: 100KB) をご覧ください。

利活用事例

書籍を購入するために選書・発注リストを作成したい。また、展示会の開催等のために、文献リストを作成したい。

【方法1】
書誌データ利活用ツールを利用する方法があります。以下の研修会配布資料をご覧ください。
【方法2】
NDL-OPACから書誌データを記号区切り形式でダウンロードし、加工してリストにする方法があります。以下の研修会配布資料をご覧ください。

このページの先頭へ