• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

書誌データ作成ツール

書誌データ水準

国立国会図書館(以下、「当館」)が収集した出版物について、当館が作成する書誌データのデータ水準を掲載しています(過去に作成した書誌データにおいて、データ水準が異なる場合があります)。

当館では、収集する膨大な出版物(資料)について的確かつ迅速に書誌データを作成し提供するために、資料の特徴や提供の目的などによって書誌データの水準を定めています。書誌データのご利用の際に参考にしてください。

基本的な考え方

以下の基本的な考え方に基づき、書誌データを作成しています。

  • 国際標準・国内標準の採用
    当館の書誌データは、国際標準または国内標準に基づき当館が定めた基準によって作成されます。また、各種資料の特徴と提供の目的に応じ、書誌データの水準による区分を設けています。
  • 他機関で作成した書誌情報の活用
    書誌データの作成にあたっては、資料の収集業務に用いる出版情報、民間機関が作成した機械可読目録(以下「MARC」)、各国のMARC、書誌ユーティリティ等の既存の書誌情報を活用しています。そのため、当館が独自に作成する書誌データの基準類に合致しなくても原則許容しています。
  • 書誌データの広範かつ迅速な提供
    当館が作成した書誌データについて、原則としてすべて公開します。また、迅速な提供に努めます。

書誌データ作成のための基本ツール

書誌データの作成のために必要な基本ツールやコード類については、「書誌データ作成ツール」のページをご覧ください。

書誌データ水準

書誌データを、資料の特徴、提供の目的等により3グループに分けて、使用する基準、書誌事項の詳細度等を決めています。

全国書誌グループ
国内で刊行された出版物および外国で刊行された日本語出版物の書誌データ(「全国書誌データ」という。)
蔵書目録グループ
洋図書・洋逐次刊行物(外国で刊行されたもの)、博士論文、和古書・漢籍、欧文会議録など当館が所蔵する資料の書誌データ(全国書誌データを除く。)
個別グループ
総合目録、雑誌記事索引、専門書誌などに採録される書誌データや、特殊な資料を対象とする書誌データ

各グループの概要は、「各グループで使用する基準等」(PDF: 133KB)をご覧ください。
また、各グループの中を資料種別や書誌事項の詳細度で細分化しています。この細分化した区分(整理区分)ごとの書誌データ水準は、以下をご覧ください。なお、同じ整理区分に属する書誌データであっても、資料によっては例外的な取り扱いを行っている(書誌データ水準が多少異なる)場合があります。

過去の書誌データの水準

(準備中)

参考資料等

このページの先頭へ