ホーム > ウェブアクセシビリティ

ウェブアクセシビリティ

国立国会図書館のウェブサービスに関するユーザビリティガイドライン

国立国会図書館では、すべての人が心身の条件や利用する環境に関係なく、当館のウェブサービスで提供する情報や機能に支障なくアクセスし、利用できるようにするため、当館ウェブサービスのユーザーインターフェイス及びウェブコンテンツを作成する際に準拠すべき基本方針を定めています。

国立国会図書館ウェブアクセシビリティ方針

国立国会図書館では、「JIS X 8341-3(高齢者・障害者等配慮設計指針―情報通信における機器, ソフトウェア及びサービス―第3部 : ウェブコンテンツ)」に準拠し、総務省「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」の内容を踏まえ、「国立国会図書館ウェブアクセシビリティ方針」を公表しています。

ウェブアクセシビリティ試験結果

国立国会図書館が提供するウェブサービスについて、「JIS X 8341-3」の内容を踏まえた試験を実施し、その結果を順次公表していきます。

国立国会図書館のウェブアクセシビリティに関する取組内容確認・評価結果

総務省「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」に基づいて行った、各年度の国立国会図書館全体のウェブアクセシビリティの確保、維持、向上の取組についての内容確認・評価結果を公表しています。

ウェブアクセシビリティに関する問い合わせ先

国立国会図書館 電子情報部
電子情報流通課 標準化推進係
メールアドレス:standardizationアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー

このページの先頭へ