• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

書誌データ作成ツール

JAPAN/MARCマニュアル・フォーマット

当館が収集・整理した国内刊行出版物の全国書誌を機械可読目録の形でJAPAN/MARCとして提供しています。ここでは、JAPAN/MARCのマニュアルとフォーマットに関する情報を掲載しています。

JAPAN/MARC MARC21マニュアル・フォーマット

平成24年1月から提供しているJAPAN/MARC MARC21フォーマットのマニュアルおよび仕様です。
JAPAN/MARC MARC21フォーマットの概要については、『書誌情報ニュースレター2010年1号(通号12号)』「書誌データのプロダクト提供サービスが変わります」をご覧ください。

マニュアル

関連資料

MARC21フォーマットとして提供することにともない、文字種の取扱い及び読みの表記要領が変わります。

Unicode外の文字について

MARC21フォーマットでは文字コードにUnicodeを採用します。Unicodeで表記できない文字の処理方法について、リストを作成しています。

2010年までの文字コード変換について

従来当館では、JISコードを持たない文字については追加文字を設定し、JAPAN/MARCユーザにお知らせしてきました。JAPAN/MARC MARC21フォーマット版の文字種Unicode(UTF-8)においては、Unicodeを持たない文字は可能な限り意味上・字形上関連するUnicodeを持つ文字に置き換え、関連する文字がない場合等は「〓」に置き換え、追加文字は設定しないことといたします。
「JAPAN/MARC 2009フォーマット版」等をお使いの利用者の便を考慮し、「JAPAN/MARC MARC21フォーマット版」の提供に先立って、2010年までのデータの文字コード変換について説明し、2010年までに設定した追加文字コードとUnicodeの対照表を掲載します。
ファイルは、PDFとTSV形式の2種類を掲載しますので、どうぞご利用ください。

JAPAN/MARCマニュアル・フォーマット(旧フォーマット)

JAPAN/MARCマニュアル・フォーマットの以前の版を掲載しています。

JAPAN/MARC(M)(S)

JAPAN/MARCの単行資料(Monographs)・逐次刊行資料(Serials)のマニュアルとフォーマットです。

お知らせ

JAPAN/MARC フォーマット

JAPAN/MARC(A)

JAPAN/MARCの典拠(Authorities)のマニュアルとフォーマットです。

JAPAN/MARC UNIMARC版

JAPAN/MARCのUNIMARC版フォーマットです。

このページの先頭へ