ホーム > 関西館 > 来館される方へのお願い

来館される方へのお願い

国立国会図書館では、「国立国会図書館資料利用規則(PDF: 461KB)」(平成16年国立国会図書館規則第5号)及び「国立国会図書館東京本館及び関西館における来館利用上のお願い(PDF: 586KB)」に基づき、来館利用サービスを提供しています。来館にあたっては、以下の点にご注意ください。

来館時間

関西館の開館時間は9時30分~18時ですが、資料の請求と複写の申し込みの受付は18時より前に終了いたしますのでご注意ください(利用時間はこちら)。また、資料の検索、申し込みにも多少の時間がかかりますので、なるべく余裕を持って来館されることをお勧めします。

館内への持ち込み

  • 中身の見えないかばんや紙袋・封筒などでB5判以上のものは持ち込めません。筆記用具や財布・貴重品などは、身に付けるか、中身の見える透明なビニール袋やクリアケースに入れて、ご自分でお持ちください。なお、備え付けのビニール袋がありますので、お使いください。
    持ち込みのできないものは、エレベーター付近にあるロッカーをご利用ください(100円玉が必要です。使用後に返却されます)。傘は、利用者入口付近と1階ロッカー室にある傘立てをご利用ください。
    ※持ち込みできないもの
    • B5判以上の大きさの不透明な袋物(かばん、紙袋、封筒等)
    • コピー機、カメラ、ビデオ録画機、スキャナー等
    • 刃物類(カッター、かみそりの刃を含みます。)
    • 傘(折り畳み傘も含みます。)
    • 動植物
    • その他、資料の保全、館内の安全、良好な利用環境の維持等のため国立国会図書館が持ち込みを不適当と判断したもの
  • パソコン・ワープロ・音の出る電卓・電子辞書などは、当館が定めた場所で使用してください。(一部電源使用可の場所あり。)
  • 飲食物をお持ち込みの方は、4階カフェテリアでお召し上がりください。館内では、4階カフェテリア以外での飲食(飴・ガムを含む。)は禁止です。カフェテリア内においても、資料を利用しながらの飲食は絶対にしないでください。
  • 利用者登録申請をされる方は、必ず本人確認書類を持って入館してください。

館内でのご注意

  • 閲覧ゲートの内側(閲覧室、カフェテリア、研究室など)での撮影はできません。
  • 携帯電話・PHSは持込み可能ですが、カメラ機能、録画・録音機能、ラジオ機能などは使用しないでください。また、館内ではマナーモードにし、通話は指定された場所でお願いします。
  • 喫煙は4階カフェテリア奥の喫煙コーナーでお願いします。資料を利用しながらの喫煙は絶対にしないでください。
    国立国会図書館関西館の敷地内禁煙についてのお知らせ
    国立国会図書館関西館では、改正健康増進法の趣旨に基づく受動喫煙対策として、令和2年4月1日(水)から敷地内の禁煙を実施します。これに伴い4階カフェテリア内の利用者喫煙コーナーを廃止します。令和2年4月1日(水)以降は、当館の敷地内において、利用者(職員・来客を含む)が喫煙できる場所はありません。
    利用者の皆様には、ご理解とご協力をお願いいたします。
  • 館内では、4階カフェテリア以外での飲食(飴・ガムを含む。)は禁止です。カフェテリア内においても、資料を利用しながらの飲食は絶対にしないでください。
  • 当館の資料を利用する目的以外での閲覧席の利用はご遠慮ください。

このページの先頭へ