• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 国立国会図書館について > 設立の目的と沿革

設立の目的と沿革

設立の目的

国立国会図書館全景

国立国会図書館は、昭和23年(1948年)に設立された日本における唯一の国立図書館です。国会法第130条の「議員の調査研究に資するため、別に定める法律により、国会に国立国会図書館を置く」の規定にもとづき、国立国会図書館法により設置されています。

国立国会図書館法は、前文で「真理がわれらを自由にするという確信に立って、憲法の誓約する日本の民主化と世界平和とに寄与することを使命として、ここに設立される」と設立の理念をうたい、第2条には「図書及びその他の図書館資料を蒐集し、国会議員の職務の遂行に資するとともに、行政及び司法の各部門に対し、更に日本国民に対し、この法律に規定する図書館奉仕を提供する」と、その目的を定めています。

沿革

帝国図書館

国立国会図書館には二つの源流があります。
一つは、明治23年(1890年)に開設された旧憲法下の帝国議会に属していた貴族院・衆議院の図書館、もう一つは、明治5年(1872年)に設立され、行政機関である文部省に属していた帝国図書館(創立時は「書籍館」)です。
これら源流となった二つの図書館の蔵書のほとんどが当館に引き継がれております。

国立国会図書館設立に先立ち、衆・参両議院議長は連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)に対し図書館専門家の派遣を要請し、昭和22年 (1947年)末米国図書館使節が来日しました。 この使節の助言により、基本構想がまとめられ、国立国会図書館法案成立の基礎となりました。

赤坂本館

国立国会図書館は昭和23年(1948年)6月、赤坂離宮(現迎賓館)を仮庁舎に開館しました。昭和36年(1961年)8月、永田町に現庁舎の第一期工事が竣工、支部上野図書館(旧帝国図書館)等の資料を統合し、205万冊の蔵書を擁する日本を代表する図書館として活動を開始しました。
開館20周年にあたる昭和43年(1968年)に現庁舎である本館が完成し、増えつづける蔵書に対応するため、昭和61年(1986年)に隣接して新館を建設し、1,200万冊の資料が収蔵できるようになりました。

平成14年(2002年)10月、関西文化学術研究都市内(京都府相楽郡精華町)に国立国会図書館関西館が開館しました。
また、平成12年(2000年)5月、支部上野図書館を改築して、わが国初の国立の児童書専門図書館である国際子ども図書館が部分開館し、平成14年(2002年)5月に全面開館しました。

このページの先頭へ