• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 国立国会図書館について > 組織・職員・予算

組織・職員・予算

国立国会図書館は、立法府である国会に属しています。衆・参両議院の議長は、両議院の議院運営委員会と協議の後、国会の承認を得て国立国会図書館長を任命します。また、運営に必要な諸規程や予算については、両議院の議院運営委員会による審査と承認を受けることになっています。
館長、副館長を含む職員の定員は888名(平成27年4月現在。行政・司法各部門の支部図書館の職員は除く)。一般の職員は、公開の試験によって採用されます。
国立国会図書館の組織は、中央の図書館(総務部、調査及び立法考査局、収集書誌部、利用者サービス部、電子情報部、関西館)と、支部図書館である国際子ども図書館、それに行政・司法各部門に設置された支部図書館27館で構成されています。
国立国会図書館の管理運営に要する経費は、すべて国費によってまかなわれています。平成27年度の当初予算は、施設整備などの工事関係の経費を除いて、約186億3,000万円。そのうち資料に関わる経費は約23億3,000万円です。

このページの先頭へ