ご利用について

出典

今回の展示会は、国立国会図書館編『人と蔵書と蔵書印―国立国会図書館所蔵本から―』(雄松堂出版刊 2002.10)を参考に作成しました。『人と蔵書と蔵書印』は、『国立国会図書館月報』166号(昭和50年1月)から477号(平成12年12月)まで連載された「国立国会図書館所蔵本 蔵書印」(その1~304)の原稿を、加筆・修正して収録しています。

印影

パソコン画面上で見える印影の大きさは、解像度により大きく異なります。原寸大ではありません。実際の印影の大きさは、本文中の「印影のよみ・大きさ」の項目を参照してください。
コラム「さまざまな蔵書印」で取りあげた印影は、渡辺守邦・後藤憲二編『新編蔵書印譜』(青裳堂書店 2001.1)から転載しました。

掲載資料

この展示会に掲載している資料は、すべて国立国会図書館が所蔵しています。

内容校閲

内容校閲は、当館職員(当時)の相島宏(あいじまひろし)が担当しました。

更新情報

平成15年7月18日 電子展示会「蔵書印の世界」を公開しました。
令和2年3月 ウェブサイト全体をリニューアルしました。

リンク

このコンテンツへのリンクは基本的に自由です。
なお、リンクする際には以下のバナーをお使いになれます。

バナー画像 - 88x28ピクセル GIFフォーマット 3.0KB
日本語バナー(小)

バナー画像 - 337x73ピクセル JPGフォーマット 19.9KB
日本語バナー(大)

コンテンツの転載

電子展示会「蔵書印の世界」に掲載しているデジタル画像については国立国会図書館へのお申込みを行うことなく転載することができます。
ご利用にあたっては、当館ホームページの「国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載」にある「ご注意とお願い」を事前に必ずご一読ください。
ただし、以下のような利用については、当館ホームページの「国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載」にある「転載依頼フォーム」からのお申込みが必要となります。

  • 文章など画像データ以外の利用
  • 電子展示会「蔵書印の世界」の一部又は全部の構成を再現するような利用
お問い合わせ

国立国会図書館利用者サービス部サービス企画課展示企画係
〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1
Tel:03-3581-2331(代)
E-mail:webcontアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー

電子展示会

「蔵書印の世界」は国立国会図書館の電子展示会です。 電子展示会の各コンテンツでは、国立国会図書館所蔵の様々なユニークな資料について、わかりやすい解説を加え紹介しています。

ページの
先頭へ