ディジタル貴重書展

和漢書の部

第2章 名家の筆跡

当館では著名な人物の書簡、稿本、書入本等を多数所蔵しています。なかでも、著者自らが書いた自筆稿本などは、著者の苦心や推敲の跡などが残されており、作家や作品研究の上で貴重な資料です。ここでは細川ガラシャ、曲亭馬琴の自筆稿本など、書簡、書入本等13点を紹介します。

〔細川忠興同夫人等書状〕

「〔細川忠興同夫人等書状〕(ほそかわただおきどうふじんとうしょじょう)」 細川ガラシャ自筆書状 〔桃山時代〕 2軸 縦39.5cm 【WA25-35】

仮名消息。細川忠興夫人たま(1563-1600)が細川家の家臣松本家の人々に送った書状。掲出の書状は夫人が侍女小侍従に宛てたもの。流麗な筆跡の美しい仮名散らし書きで文面からは周囲の者への細やかな心配りや、病の者を気遣うやさしさが読み取れる。たまは明智光秀の娘、細川忠興に嫁し、天正15年(1587)受洗、ガラシャ(伽藍沙、伽藍奢)と称す。慶長5年(1600)関ヶ原の戦いに先だって没した。享年38。当館では夫人の書状10通のほか、細川忠興書状8通、三男忠利書状1通、四男立允書状1通、合わせて20通を所蔵する。

本朝編年録

「本朝編年録(ほんちょうへんねんろく)」 零本 道春撰 〔江戸前期〕1冊 29.2×20.7㎝ 【WA17-9】

漢文で書かれた編年体の日本通史。本書編修の幕命をうけた儒学者林羅山(1583-1657)は、三男鵞峯、四男読耕斎の助力を得て、慶安3年(1650)夏までに神武朝から宇多朝までを編修し終え、幕府に進献した。この進献本が明暦の大火で焼失したため、幕府はその続修を鵞峯に命じ、寛文10年(1670)に神代から後陽成帝までが完成した。書名は「本朝通鑑」と改められたが、正編40巻には本書を増修したものが使われている。展示本の内題が「本朝編年録」とある上に紙片が貼られ「本朝通鑑」と訂正されているのはこうした事情による。内容は「仁明天皇上」の部分。林読耕斎旧蔵本。

貞観政要抜萃

「貞観政要抜萃(じょうがんせいようばっすい) (唐)呉兢編 新井白石手写本 〔江戸中期〕1冊 23.8×16.3㎝ 【WA17-2】

中国の代表的な帝王学の書『貞観政要』の新井白石(1657-1725)による抜萃本。「貞観」は唐の太宗の年号(627-649)。太宗の政治に関する言行等を10巻40編に編集したもの。本書は単に政治上の理論を述べたものではなく政治の実践記録ともいうべきもので、わが国では歴代の皇室で珍重されたのをはじめ、源頼朝や徳川家康らにも好んで読まれた。白石は江戸時代中期の学者、政治家。将軍家宣、家継の二代に亘って幕政に参画し、弊政の改革につとめている。自伝『折たく柴の記』ほか多くの著書を残した。

孝経小解

「孝経小解(こうきょうしょうかい)」 2巻 熊沢蕃山自筆稿本 〔江戸時代前期〕 4冊 26.9×19.0㎝ 【WA17-17】

熊沢蕃山(1619-91)による『孝経』の注釈書。平仮名交じり文で書かれた本書は蕃山晩年の学問的業績のひとつで、師中江藤樹の『孝経啓蒙』から影響を受けているとみられる。天明8年(1788)西村源六らにより刊行されて流布した。『蕃山全集』では展示本が底本として使用されている。『孝経』は儒教経典のひとつで孔子とその門人曽子の問答形式をとって孝道を説いたもの。蕃山は江戸時代前期の卓越した学者であると同時に、岡山藩重臣として民政面でも大きな業績をあげた。

星巌先生手書稿本

「星巌先生手書稿本(せいがんせんせいしゅしょこうほん)」 梁川孟緯自筆稿本 〔天保頃〕1冊 27.0×19.4㎝ 【WA17-16】

江戸時代後期の尊攘詩人梁川星巌(1789-1858)の漢詩草稿。美濃国の郷士の家に生まれた星巌は、文化4年(1807)江戸に出て山本北山に入門。のち柏木如亭、大窪詩仏、菊池五山ら江湖詩社の詩人たちと交遊。天保5年(1834)には神田お玉が池に玉池吟社を開き、当時の江戸詩壇の中心的存在となった。天保12年に『星巌集』26巻を刊行。展示本所収の詩とこの刊本中のものとの間にはかなりの異同がみられる。巻首に門人小野湖山(1814-1910)の筆による題詩が、巻末には同じく門人江馬天江(1825-1901)筆の識語がある。高木利太旧蔵本。

源烈公真筆

「源烈公真筆(みなもとれっこうしんぴつ)」 徳川斉昭自筆書簡 〔天保頃〕 5軸 縦24.0㎝ 【WA25-29】

水戸藩第九代藩主徳川斉昭(1800-60,謚号は烈公)の書簡集。藩儒青山拙斎等に宛てた、主に天保期の書簡42通を5軸に仕立てたもの。斉昭は文政12年(1829)の襲封以来、藩政改革を積極的に進めるとともに、幕府に対しても飢饉対策、蝦夷地開拓、海防強化等について繰返し建言した。展示した天保9年(1838)1月6日付拙斎宛書簡では、前年2月に大坂で乱を起こした大塩平八郎を話題にのせ、武備の充実の必要性を述べている。

古事記傳

「古事記傳(こじきでん)」 巻1,2 本居宣長自筆稿本 〔天明5-8(1785-88)〕 2冊 27.5×18.9cm 【WA18-9】

『古事記』の注釈書。著者本居宣長(1730-1801)は江戸時代中期の国学者。伊勢松坂の人、鈴屋と号した。宝暦13年(1763)34歳の時に賀茂真淵に入門。『古事記』注釈研究に志し、30数年かけて完成したのが『古事記傳』全44巻44冊である。宣長自筆の稿本は草稿(初稿)本、巻17(版本巻18)-44の27巻22冊、再稿本全44巻44冊が本居宣長記念館と天理図書館に現存する。当館が所蔵するのは巻1(総論)、巻2(『古事記』序文の注釈、神統・皇統の系譜)の最終稿本と考えられる。宣長自筆と伝えられるが、異筆と見られる部分もあり今後の精査が待たれる。随所に施された付箋や朱などによる加筆訂正からは宣長の推敲の跡を窺うことができる。『古事記傳』成立の過程を知るための重要な資料。「須受能屋蔵書」の印記。

万葉集略解

「万葉集略解(まんようしゅうりゃくげ)」 巻1,3-5,11上,13,17-20 加藤千蔭自筆稿本 〔寛政3-12(1791-1800)〕 11冊 24.4×18.9cm 【WA18-6】

加藤千蔭(1735-1808)は賀茂真淵門下の歌人、国学者。本姓は橘。江戸町奉行所与力を務めた。『略解』執筆開始は隠居後57歳の時。寛政3年(1791)起稿、同12年浄書完了。編述にあたっては師の真淵説をはじめ、契沖、本居宣長、村田春海らの諸説が参照された。とりわけ宣長には稿本の成る毎に示して助言を請うている。全20巻30冊の出版が完了したのは没後の文化9年(1812)。万葉集全歌の平易な注釈書として近代まで広く用いられた。なお、自筆稿本は東京国立博物館等でも所蔵する。

南総里見八犬伝

「南総里見八犬伝(なんそうさとみはっけんでん)」 第9輯巻1-6 曲亭馬琴自筆稿本 天保5(1834) 6冊 26.5×19.0㎝ 【WA19-15】

曲亭馬琴(1767-1848 本姓滝沢)の自筆稿本。安房里見家を舞台に八犬士の活躍を綴った読本。全9輯106冊。『八犬伝』の執筆には29年の歳月が費やされた。展示本を執筆した天保5年(67歳)には右眼失明、天保12年以降は嫁お路が代筆した。自筆稿本は当館のほか早稲田大学図書館、都立中央図書館、天理図書館等にも所蔵されている。馬琴は寛政2年(1790)山東京伝に入門、戯作者となる。代表作『八犬伝』のほか多くの読本、合巻、黄表紙などを著した。稿料のみで生計を立てた最初の作家といわれる。なお、当館では馬琴手沢の初印本『南総里見八犬伝』や自筆書簡(40数通)なども所蔵する。

田舎源氏

「田舎源氏(いながげんじ)」 第4編 柳亭種彦自筆稿本 〔文政13(1830)頃〕 1冊 17.5×12.6㎝ 【WA19-20】

『源氏物語』を草双紙風に翻案した全38編の長編合巻。展示本は版下を作るための原稿。本文、絵、朱書きともに著者の手になるもので絵師と筆耕(浄書家)に渡した稿本。『田舎源氏』は文政12年(1829)刊行開始、版元は江戸鶴屋喜右衛門、出版部数は1万部に及んだという。天保13年(1842)水野忠邦の改革で版木が没収され、第39、40編の素稿を遺して刊行は中断した。本書見返しにある旧蔵者幸堂得知(1843-1913)の識語によると当時20数部の稿本を所蔵していたことが知られるが、現在所在がわかるのは本書だけである。柳亭種彦(1783-1842)は幕臣、江戸時代を代表する合巻本の作者。『田舎源氏』のほか、『正本製』『邯鄲諸国物語』などの作品がある。

新釈輿地図説

「新釈輿地図説(しんしゃくよちずせつ)」 渡辺崋山手写本 〔天保年間(1830-44)〕 1冊 22.5×15.8㎝ 【WA21-5】

蘭書から小関三英が抄訳した『新撰地誌第二稿』の一部分を崋山が筆写校正したもの。原書はオランダ人プリンセン(Pieter Johannes Prinsen 1777-1854)の『世界地理書』(Geographische oefeningen)第2版(1817)である。冒頭の部分は三英の訳文に相当の修訂が加えられ、欄外には按文が付され、崋山の筆写校訂の意図が窺える。蛮社の獄(1839)の際に幕府が没収したもので、当館所蔵の「旧幕府引継書」のなかに含まれていた。崋山(1793-1841)は三河国田原藩士。天保3年(1832)に家老として海防を担当、本格的に蘭学研究を開始した。小関三英、高野長英等の蘭学者を通じ世界地理書、歴史書、兵学書等広範な書物により海外事情を学び、日本の現状を客観的にとらえる必要性を説いた。蛮社の獄で逮捕され田原に蟄居、自刃した。

泰西本草名疏

「泰西本草名疏(たいせいほんぞうめいそ)」 伊藤圭介自筆稿本 〔文政11-12(1828-29)〕 1冊 25.1×17.6㎝ 【WA22-4】

文政11年(1828)長崎にてシーボルト(P.F.von Siebold)より贈られたツュンベリー(C.P.Thunberg)の『日本植物誌』(Flora Iaponica)をもとに日本産植物の学名(ラテン語)をABC順に並べ、対応する和名と漢名を記したもの。セピア色の文字はシーボルトの書き入れ。朱字は本草学者賀来佐一郎筆。【㋛】とあるのは既に長崎でシーボルトから得ていた見解であるが、文政11年秋に発覚したシーボルト事件のため刊本ではシの字が削られ○印のみとなる。伊藤圭介(1803-1901)は名古屋生まれ、植物学者。24歳の時、長崎でシーボルトから博物学の教えを受ける。後、蕃書調所などに出仕、維新後は東京大学に迎えられ明治21年(1888)わが国最初の理学博士となる。

風土

「風土(ふうど)」 和辻哲郎自筆稿本 〔昭和4(1929)〕 1冊 26.7×18.3cm 【WB12-92】

和辻哲郎(1889-1960)は大正、昭和時代の哲学者。兵庫県出身。東京大学教授。独自の倫理学体系を形成するとともに文化史家、思想史家としても多くの著作を残した。展示本は『思想』昭和4年4月号に発表された論文「風土」の原稿である。所々に加筆訂正のあとが見えるが、和辻は草稿を準備せず「ぶっつけに決定稿を書く人」だったという。論文は後に改稿され単行本『風土―人間学的考察』(昭和10年刊)の第1章「風土の基礎理論」となった。布川角左衛門旧蔵。他に当館は和辻夫人より寄贈された手書き原稿、ノート類82点を所蔵する。

ページの
先頭へ