ホーム > 図書館員の方へ > 障害者サービスを実施する図書館へのサービス > 視覚障害者等用データの収集および送信サービス

視覚障害者等用データの収集および送信サービス

国立国会図書館が製作した学術文献録音図書DAISYデータ等と、図書館等が製作し国立国会図書館が収集した視覚障害者等用データ(音声DAISYデータ、点字データ等)を、視覚障害者等個人の方や図書館等にインターネット経由で送信するサービスです。

国立国会図書館が図書館等からデータを収集し、それを視覚障害者等個人利用者に直接送信したり、送信承認感を通じて提供する図を示している。

視覚障害者等用データの収集および送信サービスのイメージ図

視覚障害者等用データとは

視覚障害者等用データとは、著作権法第37条の権利制限規定等に基づき、視覚障害その他の理由で通常の活字の印刷物の読書が困難な方(プリントディスアビリティのある方)のために製作されたデータです。

視覚障害者等用データの収集について

図書館等で製作された以下の視覚障害者等用データを国立国会図書館で収集しています。

  • 音声DAISY
  • マルチメディアDAISY
  • テキストDAISY
  • プレーンテキストデータ
  • 点字データ

詳しくは以下をご参照ください。

視覚障害者等用データ送信サービスについて

上記で収集した他機関が製作した視覚障害者等用データと、国立国会図書館が製作した学術文献録音図書DAISYデータ等を、インターネット経由で視覚障害者等個人の方や図書館等に送信するサービスです。

本サービスの送信承認館になった図書館等では、著作権法第37条に基づいて視覚障害者等利用者の方へ各図書館の機器でデータを提供したり、データを複製して提供することが可能です。

詳しくは以下をご参照ください。

また、視覚障害者等用データ送信サービスを利用したシステム開発をお考えの方は、以下をご参照ください。

このページの先頭へ

本サービスをご利用いただける機関

データの収集を希望する

著作権法施行令(昭和45年政令第335号)(外部サイト)第2条において「視覚障害者等のための複製等が認められる者」と規定される図書館等からデータを収集しています。データの収集にあたっては、事前に国立国会図書館との覚書を締結し、データ提供館になっていただく必要があります。手続きの詳細は、以下をご参照ください。

視覚障害者等用データ送信サービスを利用する

利用できる機関は、著作権法施行令(昭和45年政令第335号)(外部サイト)第2条において「視覚障害者等のための複製等が認められる者」と規定される図書館等です。あらかじめデータ送信サービスの利用の承認を受け、送信承認館になっていただく必要があります。手続きの詳細は、以下をご参照ください。

※視覚障害者等個人の方が図書館等を経由せずにご利用になる場合は、国立国会図書館に登録手続きをしていただくか、「サピエ図書館(外部サイト)」からの利用となります。詳細は「視覚障害者等用データ送信サービス(視覚障害者等個人の方向けのご案内)」をご参照ください。

現在の送信承認館・データ提供館

現在の送信承認館、データ提供館は以下をご覧ください。

このページの先頭へ

お問い合わせ

図書館協力課 障害者図書館協力係
電話:0774-98-1458(月曜日から金曜日 9時から17時45分 国民の休日・祝日及び年末年始を除く)
FAX:0774-94-9117
メールアドレス:syo-tkyアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー