• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 図書館員の方へ > 視覚障害者等への図書館サービス > その他 > 障害者サービスに関する調査研究(リンク集)

その他

障害者サービスに関する調査研究(リンク集)

ここでは、当館ホームページ、図書館に関する調査・研究のページ「カレントアウェアネス・ポータル」より、障害者サービスに関する記事をピックアップしました。「カレントアウェアネス・ポータル」では、『カレントアウェアネス』を中心に、国内外の図書館界および図書館情報学分野の最新動向をお知らせしています。興味のあるかたはぜひ一度ご覧ください。

『カレントアウェアネス』『カレントアウェアネス-E』『カレントアウェアネス-R』

カレントアウェアネス』は、図書館および図書館情報学に関する国内外の動向やトピックを解説する情報誌で、3月、6月、9月、12月に季刊発行しています。また『カレントアウェアネス-E』は、図書館界の最新動向を「いち早く」「コンパクトに」紹介することを主眼とし、興味深いプロジェクトや報告書の紹介から、政策や法律の動向、更にはインターネットの現状まで、幅広い多種多様な情報を伝えるメールマガジンです。発行は原則として月2回(隔週木曜日)です。毎月第1、第3水曜日にメール配信しています。『カレントアウェアネス-R』では、図書館界の最新動向をブログ形式で日時で紹介しています。
障害者サービスに関するテーマを抜粋しました。クリックすると、各テーマの記事一覧に飛びます。

調査研究

視覚障害などの理由で印刷物を読むことに困難のある方を対象としたインターネット利用に関するアンケート調査

視覚障害のある方、あるいはその他の様々な理由で印刷物を読むことに困難がある方(プリントディスアビリティのある方)を対象にしたインターネット利用に関する調査を行った。

公共図書館における障害者サービスに関する調査研究<

平成22年1月に施行された著作権法の改正により、障害者のための著作物利用に係る権利制限の範囲が拡大され、公共図書館等においても権利者の許諾なしで著作物の複製等を行うことが可能となり、また、サービスの対象となる障害者や、その利用方式も拡大された。この法改正を受けて、公共図書館では提供する障害者サービスの再検討、あるいは拡充を実施することが予測される。
このような状況を踏まえ、本調査研究では、わが国の公共図書館における障害者サービスの向上、望ましい連携・協力のあり方の検討等に資することを目的として、公共図書館における障害者サービスの現況を調査した。

デジタル環境下における視覚障害者等図書館サービスの海外動向

我が国の視覚障害者等図書館サービスの参考に資するため,インターネットなどの情報通信技術の発展によって著しい変化が見られる海外の図書館及び国際機関における視覚障害者等図書館サービスの最新状況に関して,平成14年度に2件の調査を実施した。本書は,その2件の調査「デジタル環境下における欧米の視覚障害者等図書館サービスの全国的提供体制に関する調査研究」及び「視覚障害者等図書館サービスにおける国際協力活動に関する調査研究」の成果をまとめたものである。

このページの先頭へ

このページに関するお問い合わせ

図書館協力課 障害者図書館協力係
電話:0774-98-1458(月~金曜日9時~17時45分 国民の休日・祝日及び年末年始を除く)
メールアドレス:syo-tkyアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー