• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

視覚障害者等用データの収集について

国立国会図書館は、図書館等で製作された視覚障害者等用データを収集しています。収集したデータは視覚障害者等用データ送信サービスを通じて視覚障害者等個人の方や図書館等に提供します。

国立国会図書館が図書館等から視覚障害者等用データを収集し、それを送信サービスを通じて視覚障害者等個人に提供する図を示している。

視覚障害者等用データの収集のイメージ図

視覚障害者等用データとは

視覚障害者等用データとは、著作権法第37条の権利制限規定などに基づき、視覚障害その他の理由で視覚著作物をそのままの方式では利用することが困難な方(≒プリントディスアビリティのある方)のために製作されたデータです。

国立国会図書館が収集する視覚障害者等用データの種類

現在、国立国会図書館が図書館等から収集しているデータは以下になります

  • 音声DAISY
  • マルチメディアDAISY
  • テキストDAISY
  • プレーンテキストデータ
  • 点字データ

※マルチメディアDAISY、テキストDAISY、プレーンテキストデータの送信開始は、平成28年度以降を予定しています。

国立国会図書館がデータを収集する機関

著作権法第37条第3項に基づいて視覚障害者等用データの製作を行っている「図書館等」からデータを収集しています。

データの収集にあたっては、下記のとおり、事前に国立国会図書館との覚書の締結し、データ提供館になっていただく必要があります。

現在のデータ提供館は以下をご覧ください。

このページの先頭へ

視覚障害等用データの収集の手続き(「データ提供館」になる)

データの収集にあたっては、あらかじめ国立国会図書館との覚書の締結が必要です。下記の「覚書(案)」をベースに調整させていただきます。手続きの詳細は下記の問い合わせ先にお問い合わせください。

このページの先頭へ

データ収集でお送りいただくコンテンツおよび書誌情報について

データの収集は、国立国会図書館との覚書の締結が完了してからとなります。

コンテンツ

マスター(保存用)のデータと提供用のデータがある場合は、提供用のデータを収集します。

1回あたりの送付量はおおよそ100件以内としていただき、各館のご都合の良い単位でお送りください(ただし初回は10件以内としてください。)。

音声DAISYについて

同一音声DAISY資料で異なる形式のものがある場合は、下記の形式のものを優先してお送りください。

  • DAISY バージョン:2.02
  • 音声圧縮形式:MP3
  • 文字コードセット:Shift_JIS

書誌情報

送付いただきたい書誌データ項目は下記の説明をお読みください。送付にあたっては下記のひな型をご利用いただくほか、サピエ図書館からダウンロードした書誌、各図書館独自書誌などでも構いません。

このページの先頭へ

利用状況の通知について

半期に一度、提供いただいたコンテンツの利用状況をご連絡します。

このページの先頭へ

お問い合わせ

図書館協力課 障害者図書館協力係
電話:0774-98-1458(月曜日から金曜日 9時から17時45分 国民の休日・祝日及び年末年始を除く)
FAX : 0774-94-9117
メールアドレス:syo-tkyアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー

このページの先頭へ