かつ 海舟 かいしゅう

生没年
文政6年1月30日 〜 明治32年1月19日
1823年3月12日 〜 1899年1月19日)
出身地
東京都
職業・身分
政治家
別称
勝安芳(かつ やすよし)、義邦

解説

幕臣。長崎海軍伝習所に学ぶ。蘭学、西洋兵学を修得し、万延元(1860)年咸臨丸艦長として渡米。文久2(1862)年軍艦奉行並となる。元治元(1864)年軍艦奉行に就任、神戸に海軍操練所を開き、幕臣のほか坂本竜馬ら諸藩の学生、志士を教育。戊辰戦争では西郷隆盛を説得し、江戸城の無血開城に成功。新政府で、海軍大輔、参議兼海軍卿、元老院議官等を歴任。のち枢密顧問官となる。

関連資料

リサーチ・ナビ

電子展示会「日記の世界」より

国立国会図書館オンライン

SNSでシェア

かつ 海舟 かいしゅう

勝海舟の肖像
  • 勝海舟の肖像1枚目
  • 勝海舟の肖像2枚目
  • 勝海舟の肖像3枚目
  • 勝海舟の肖像4枚目
出典: