ホーム > 東京本館 > 満18歳未満の方へ

満18歳未満の方へ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、現在、東京本館の来館サービスの利用は登録利用者のみの予約制としています。そのため、18歳未満の方への来館サービスは、当分の間、休止いたします。

国立国会図書館のうち東京本館と関西館は、利用資格を満18歳以上の方としています。
ただし、学校のレポート作成や卒業論文執筆などの調査研究のために、国立国会図書館にしかない資料を利用する必要があると認められる場合には、満18歳未満の方でも資料の利用ができます。
ここでは、満18歳未満の方の東京本館利用方法をご説明します。

このページの先頭へ

1. 資料の利用について

国立国会図書館に来館せずとも、お近くの図書館で役立つ資料の案内を受けたり、インターネット上でデジタル資料が利用できたりすることもあります。まずは、「満18歳未満の方が東京本館・関西館資料を利用する上での事前調査」を参考に資料等を検索してみてください。その上で、来館しての国立国会図書館所蔵資料の利用が必要な場合、次のパンフレットに記載された手続きによって、満18歳未満の方も資料をご利用いただけます。詳細は、パンフレットをご覧ください。

※15歳以下の方(年度内に16歳に達する方を除く。)は、入館及び資料利用にあたって事前の申請(PDF: 466KB)が必要です。

※当館へのご連絡前に、国立国会図書館オンラインの使い方(PDF: 370KB)を参考に、ご利用になりたい資料のタイトルや請求記号を調べてください。

お問い合わせ先

国立国会図書館東京本館
利用者サービス部 サービス運営課 総合案内係
電話番号:03-3581-2331(代表)

なお、国立国会図書館関西館と国際子ども図書館の利用については、次のページをご参照ください。

このページの先頭へ

2. お役立ちリンク集

国立国会図書館について

  • 国立国会図書館について
    国立国会図書館の概要を知ることができます。当館の基本的な情報が掲載されているほか、当館が刊行しているパンフレットもダウンロードできます。
  • 国立国会図書館キッズページ
    小学校3年生くらいを主な対象とした国立国会図書館の紹介ページです。
  • 報告書・刊行物
    国立国会図書館の最近の刊行物のご案内、電子的な刊行物を掲載しています。

当館ホームページ掲載の各種コンテンツ

東京本館の近くにある他の図書館

このページの先頭へ

3. 参観・見学

参観(高校生の図書委員向け)

一般向けの参観は、対象を満18歳以上の方としていますが、高校生の図書委員は、教員の引率があれば参観をすることができます。詳細、問い合わせ先については、「東京本館の参観(見学)について」をご覧ください。

見学(高校生・中学生向け)

高校生・中学生を対象としています。参加するには、学校からの依頼状が必要です。詳細、問い合わせ先については、「東京本館の参観(見学)について」をご覧ください。

こども霞が関見学デー

「こども霞が関見学デー」は、文部科学省を中心に府省庁などが連携し、毎年夏休みに見学会などの体験学習の機会を設けるものです。開催情報は、イベント・展示会情報をご覧ください。

このページの先頭へ