ホーム > 東京本館 > 満18歳未満の方へ

満18歳未満の方へ

国立国会図書館のうち、東京本館と関西館は、利用資格を満18歳以上の方としていますが、満18歳未満の方でもご利用いただける場合があります。
ここでは、満18歳未満の方の東京本館利用方法をご説明します。

※なお、15歳以下の方(年度内に16歳に達する方を除く。)は、入館及び資料利用にあたって事前の申請(PDF: 466KB)が必要です。

それぞれのご利用方法の詳細については、「4. お問い合わせ」に記載の連絡先までお問い合わせください。また、関西館の利用については、満18歳未満の方へのページをご覧ください。国際子ども図書館の利用については、よくあるご質問:利用案内のページ内をご覧ください。

このページの先頭へ

1. 資料を利用したい

国立国会図書館に来館せずとも、お近くの図書館で役立つ資料の案内を受けたり、インターネット上でデジタル資料が利用できたりすることもあります。まずは、「満18歳未満の方が東京本館・関西館資料を利用する上での事前調査」を参考に資料等を検索してみてください。
調査研究の目的で、来館しての国立国会図書館所蔵資料の利用が必要な場合、以下のパンフレットに記載された手続きによって、満18歳未満の方にも資料をご利用いただけます。年齢に応じたパンフレットをご覧ください。

※当館へのご連絡前に、国立国会図書館オンラインの使い方(PDF: 370KB)を参考に、利用したい資料のタイトルや請求記号を調べてください。

このページの先頭へ

2. 国立国会図書館について知りたい

以下のページで、「国立国会図書館の概要」を知ることができます。当館の基本的な情報が掲載されているほか、当館が刊行しているパンフレットもダウンロードできます。

また、以下のページから、当館の刊行物をご覧いただけます。

このページの先頭へ

3. 国立国会図書館を見学したい

参観(高校生の図書委員向け)

一般向けの参観は、対象を満18歳以上の方としていますが、高校生の図書委員は、教員の引率があれば参観をすることができます。詳しくは、下記「東京本館の参観(見学)について」のページ内をご覧ください。

見学(高校生・中学生向け)

中学生・高校生を対象としています。参加するには、学校からの依頼状が必要です。詳しくは、以下「東京本館の参観(見学)について」のページ内をご覧ください。

こども霞が関見学デー

「こども霞が関見学デー」は、文部科学省を中心に府省庁などが連携し、毎年夏休みに見学会などの体験学習の機会を設けるものです。開催情報は、イベント・展示会情報のページ内をご覧ください。

このページの先頭へ

4. お問い合わせ

国立国会図書館東京本館
電話番号:03-3581-2331(代表)

  • 〈満18歳未満の方の利用全般について〉利用者サービス部 サービス運営課 総合案内係
  • 〈参観について〉利用者サービス部 サービス運営課 サービス総括係
  • 〈職場見学について〉総務部 総務課 広報係

なお、国立国会図書館関西館の利用につきましては、以下「満18歳未満の方へ」のページ内に記載された連絡先までご相談ください。国際子ども図書館の利用につきましては、以下「よくあるご質問」のページ内に記載された連絡先までご相談ください。国際子ども図書館の利用には、児童書研究資料室の利用を除き、年齢制限はありません。

このページの先頭へ

5. お役立ちリンク集

当館ホームページ掲載の各種コンテンツ

東京本館の近くにある他の図書館

このページの先頭へ