ホーム > 資料の収集 > 科学技術情報整備 > 学協会刊行物の収集と利用について > 学協会刊行物に関するQ&A

学協会刊行物に関するQ&A

このページの先頭へ

Q
どのようなものが納本対象になるのでしょうか?
A
学会誌や会議録等、原則として、頒布を目的として相当部数作成された全ての出版物です。概要は「学協会刊行物の収集と利用について」のページに掲載している表の「収集対象」をご覧ください。
会議録に関しては、発表論文を収録したものだけでなく、講演要旨や配布資料も対象となります。また、学会誌ではない、ニュースレターや学会報なども対象となります。

このページの先頭へ

Q
現在は納本を行っていますが、過去の納本の状況がわかりません。
A
国立国会図書館が所蔵する資料は、国立国会図書館オンラインで、タイトル等から検索できます。納本についてのお問い合わせは「納本のお願い」のページをご覧ください。

このページの先頭へ

Q
過去の資料で納本されていない資料がありました。今からでも納本した方がよいでしょうか?
A
納本をお願いします。納本方法は、「学協会刊行物の収集と利用について」のページに掲載している表をご覧ください。

このページの先頭へ

Q
年次大会等の抄録集をCD・DVDやUSBメモリ等で配布しています。これらも納本対象になるのでしょうか?
A
CD・DVDやUSBメモリ等に収録したもの(パッケージ系電子出版物)も納本対象になります。

このページの先頭へ

Q
学会誌をオンラインで公開しています。こちらも収集対象になるのでしょうか?
A
公開している学会誌が
  1. 特定のコード(ISBN、ISSN、DOI)が付与されたもの
  2. 特定のフォーマット(PDF、EPUB、DAISY)で作成されたもの
のいずれかで、そのうち無償かつDRMのないものであれば収集対象となります。「オンライン資料収集制度」のページの「2. オンライン資料の具体例」もご覧ください。

このページの先頭へ

Q
DRMとは何ですか?
A
CD・DVDやUSBメモリ等の電子媒体や電子ファイルに対して閲覧や複製などの利用に制限を加える技術的手段のことです。「よくあるご質問:オンライン資料の納入」のページもご覧ください。

このページの先頭へ

Q
冊子体と電子版(CD・DVD、オンライン資料等)がある場合は、どちらか一方だけを納めればよいですか?
A
冊子体と電子版は別の資料として扱っておりますので、両方の納入をお願いします。ただし、電子版のうち、オンライン資料について、納本された冊子体と同一の版面であることを申出により確認できた場合、オンライン資料の納入は不要です。なお、冊子体は納本制度に従い納めていただく必要があります。

このページの先頭へ

Q
J-STAGEやCiNiiで公開しているオンライン資料も納入する必要がありますか?
A
科学技術振興機構(JST)や国立情報学研究所(NII)といった公的機関のサービスにより公衆に利用可能とされた資料であるため、納入する必要はありません。詳細は「よくあるご質問:オンライン資料の納入」のページをご覧ください。

このページの先頭へ

Q
資料のデジタル化の要望は受け付けていますか?
A
発行元の学協会等から要望があったものは、優先的にデジタル化を進めることが可能です。お問い合わせフォームからご連絡ください。

このページの先頭へ

Q
デジタル化した学会誌のインターネット公開を希望します。著作権の処理が必要でしょうか?
A
デジタル化した資料については、本文だけでなく、挿絵、題字等、資料に含まれているすべての著作物について著作権者の許諾が必要です。なお、許諾の取得は発行元の学協会等で行っていただくことが前提です(各学協会等における取組事例のご紹介等は可能です。)。

このページの先頭へ

Q
巻号や記事ごとにインターネット公開するかどうか指定できますか?
A
インターネット公開は巻号単位での指定はできますが、記事単位での指定はできません。

このページの先頭へ

Q
学会のホームページで公開している学会誌もデジタル化を希望することはできますか?
A
学会ホームページ等で公開されているものは、オンライン資料収集制度により収集するため、当館でのデジタル化の対象外となります。

このページの先頭へ

Q
デジタル化した資料について本文のテキスト化は行っていますか?
A
令和4年度以降、順次OCR(光学文字認識)処理によりテキスト化を行う予定です。テキスト化後は国立国会図書館デジタルコレクションで全文検索が可能となりますが、順次作業を行う都合上、実施時期をあらかじめお伝えすることはできません。なお、作成する全文テキストは校正を行わないため、誤認識されたテキストが検索・表示される場合があります。

このページの先頭へ