ホーム > 国立国会図書館について > 方針 > 次世代育成支援及び女性活躍推進

次世代育成支援及び女性活躍推進

国立国会図書館では、次世代育成支援対策推進法(平成15年法律第120号)(以下「次世代法」という。)及び女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(平成27年法律第64号)(以下「女性活躍推進法」という。)に基づき、「次世代育成支援及び女性活躍推進のための国立国会図書館行動計画2021-2025」(計画期間は令和3年4月1日から令和8年3月31日まで)を策定しています。行動計画に基づく取組状況は、女性の職業選択に資する情報とあわせて年1回公表します。

行動計画

行動計画に基づく実施状況及び女性の職業選択に資する情報の公表

過去の行動計画等

過去の行動計画

過去の実施状況等の公表

行動計画に基づく実施状況及び女性の職業選択に資する情報の公表

行動計画に基づく実施状況の公表

※令和2年度以降は女性の職業選択に資する情報とあわせて公表

※平成27年度以前はインターネット資料収集保存事業(WARP)

女性活躍推進法に基づく女性の職業選択に資する情報の公表

※令和2年度以降は行動計画に基づく実施状況とあわせて公表

  • 内閣府男女共同参画局ウェブサイト内「女性活躍推進法「見える化」サイト」では、国立国会図書館も含めた国・地方公共団体の女性活躍に関する状況や計画等の情報を見ることができます。

このページの先頭へ