西郷 さいごう 隆盛 たかもり

生没年
文政10年12月7日 〜 明治10年9月24日
1828年1月23日 〜 1877年9月24日)
出身地
鹿児島県
職業・身分
政治家
別称
南洲

解説

明治維新の指導者。鹿児島藩主島津斉彬に取り立てられる。安政の大獄と斉彬の死を契機に入水自殺を図る。その後、公武合体を目指す島津久光のもとで活躍するも、久光と衝突し、配流。召還後、第1次長州征討では幕府側の参謀として活躍。以後、討幕へと方向転換をはかり、坂本竜馬の仲介で長州の木戸孝允と薩長連合を結ぶ。勝海舟とともに江戸城無血開城を実現し、王政復古のクーデターを成功させた。新政府内でも参議として維新の改革を断行。明治6(1873)年征韓論に敗れ下野。10年郷里の私学校生徒に促されて挙兵(西南戦争)するが、政府軍に敗北し、自刃した。

関連資料

SNSでシェア

西郷 さいごう 隆盛 たかもり

西郷隆盛の肖像
  • 西郷隆盛の肖像1枚目
出典: