石黒 いしぐろ 忠悳 ただのり

生没年
弘化2年2月11日 〜 昭和16年4月26日
1845年3月18日 〜 1941年4月26日)
出身地
福島県
職業・身分
医師・薬剤師等 陸軍軍人 政治家
別称
平野(本姓)、忠恕・忠徳(名)、况翁(号)

解説

江戸の医学所に学び、明治4(1871)年兵部省軍医寮に出仕、近代軍医制度の創始に尽力した。21(1888)年陸軍軍医総監、23(1890)年陸軍省医務局長、35(1902)年貴族院議員。日清戦争時は衛生長官として傷病兵の救護、戦時衛生の確保に貢献した。大正6(1917)年日本赤十字社社長。茶人としても有名で况翁と号した。

関連資料

電子展示会「日記の世界」より

SNSでシェア

石黒 いしぐろ 忠悳 ただのり

石黒忠悳の肖像
  • 石黒忠悳の肖像1枚目
  • 石黒忠悳の肖像2枚目
  • 石黒忠悳の肖像3枚目
  • 石黒忠悳の肖像4枚目
出典: