巖谷 いわや 小波 さざなみ

生没年
明治3年6月6日 〜 昭和8年9月5日
1870年7月4日 〜 1933年9月5日)
出身地
東京都
職業・身分
文学者
別称
季雄(本名)、大江小波(別名)、隔恋坊(かくれんぼう)、漣山人(さざなみさんじん)(別号)

解説

小説家、童話作家。明治20(1887)年尾崎紅葉らの硯友社に参加し、小説を書き始める。24(1891)年『少年文学』に第一編として刊行した子供向けおとぎ話『こがね丸』は、日本で最初の創作児童文学とされる。28(1895)年に『少年世界』を創刊して多くのお伽噺を発表、『日本昔噺』(1894-96)等の刊行で民話や英雄譚を再話復活して集成普及させた近代児童文学の生みの親。また30年代の後半からは童話口演の全国行脚も行い、全国の子どもにも親しまれた。

関連資料

著作

全集

SNSでシェア

巖谷 いわや 小波 さざなみ

巖谷小波の肖像
  • 巖谷小波の肖像1枚目
  • 巖谷小波の肖像2枚目
  • 巖谷小波の肖像3枚目
出典:

関連人物