佐藤 さとう 春夫 はるお

生没年
明治25年4月9日 〜 昭和39年5月6日
1892年4月9日 〜 1964年5月6日)
出身地
和歌山県
職業・身分
文学者
別称
能火野人(のうかやじん)(雅号)

解説

詩人、小説家。明治43(1910)年永井荷風を慕って慶応義塾大学に入学、『スバル』『三田文学』に詩や評論を発表。大正8(1919)年『田園の憂鬱』を発表し、小説家として文壇に注目された。翌年帰京、谷崎潤一郎夫人千代子との恋愛のなかで詩集『殉情詩集』(1921)をまとめる。『都会の憂鬱』(1922)、『退屈読本』(1926)等を通して多彩な感性を示し、小説、随筆、童話、戯曲等、その活動は多岐に及んだ。昭和5(1930)年千代子と結婚。以後、次第に東洋的な文人趣味に傾き、『掬水譚』(1935)、『晶子曼陀羅』(1954)等を発表した。

関連資料

直筆資料

著作

全集

電子展示会「あの人の直筆」より

音声資料

佐藤春夫の作品、演説を聴く

SNSでシェア

佐藤 さとう 春夫 はるお

佐藤春夫の肖像
  • 佐藤春夫の肖像1枚目
  • 佐藤春夫の肖像2枚目
  • 佐藤春夫の肖像3枚目
  • 佐藤春夫の肖像4枚目
  • 佐藤春夫の肖像5枚目
  • 佐藤春夫の肖像6枚目
  • 佐藤春夫の肖像7枚目
  • 佐藤春夫の肖像8枚目
  • 佐藤春夫の肖像9枚目
出典: