大久保 おおくぼ 利通 としみち

生没年
文政13年8月10日 〜 明治11年5月14日
1830年9月26日 〜 1878年5月14日)
出身地
鹿児島県
職業・身分
政治家
別称
甲東

解説

明治維新の指導者。島津久光のもとで公武合体運動を推進。やがて討幕へと転じ、薩長連合を成立させる一方、岩倉具視らと結んで慶応3(1867)年12月、王政復古のクーデターを敢行。版籍奉還や廃藩置県を推進し、新政府の基礎を固める。参議、大蔵卿を経て明治4(1871)年特命全権副使として岩倉遣外使節団に随行。帰国後、内政整備を主張し、征韓派参議を下野させるとともに、参議兼内務卿となり、政権を掌握。地租改正、殖産興業の推進など、重要施策を実行した。西南戦争に至るまでの各地の士族反乱を鎮圧するも、11年士族に暗殺される。

関連資料

リサーチ・ナビ

SNSでシェア

大久保 おおくぼ 利通 としみち

大久保利通の肖像
  • 大久保利通の肖像1枚目
  • 大久保利通の肖像2枚目
  • 大久保利通の肖像3枚目
  • 大久保利通の肖像4枚目
  • 大久保利通の肖像5枚目
出典: