松方 まつかた 正義 まさよし

生没年
天保6年2月25日 〜 大正13年7月2日
1835年3月23日 〜 1924年7月2日)
出身地
鹿児島県
職業・身分
政治家 首相

解説

父は鹿児島藩士。日田県知事、租税頭、大蔵大輔などを経て、明治13(1880)年内務卿となる。翌年大隈重信が政変で追放されると、参議兼大蔵卿に就任。いわゆる「松方デフレ」と呼ばれる緊縮財政を実施。第1次伊藤黒田、第1次山県、第2次伊藤、第2次山県各内閣の蔵相。この間首相として2度組閣し、蔵相を兼任した。のち日本赤十字社社長、枢密顧問官、議定官、貴族院侯爵議員、内大臣を歴任。日本銀行の創立、金本位制度の確立など、財政指導者として功績を残す。元老としても重きをなした。

関連資料

リサーチ・ナビ

電子展示会「あの人の直筆」より

SNSでシェア

松方 まつかた 正義 まさよし

松方正義の肖像
  • 松方正義の肖像1枚目
  • 松方正義の肖像2枚目
出典:

関連ピックアップ