はじめに

近代における出版産業の発達に伴い、広く読まれ大きな話題を呼んだ出版物、いわゆる「ベストセラー」が誕生するに至りました。今回の展示では、明治時代から現在に至るベストセラーについて、出版社などの「つくる側」に焦点を当て、その歩みを振り返ります。雑誌記事・新聞広告なども紹介します。
第1章では、日本における出版産業が発達・確立していった、明治時代から第二次世界大戦前までを取り上げます。第2章では、文学全集など教養的なベストセラーが存在する一方、「カッパブックス」に象徴される新しい戦略も出現した、第二次世界大戦後から1960年代までを扱います。最後に第3章では、メディアミックスなどの大掛かりな戦略がベストセラー発生と不可分になり、多くのミリオンセラーが生まれるようになった、1970年代以降の状況を概観します。

  • 拡大画像にはデジタルコレクションあるいは図書館送信のボタンがあり、当該資料の「国立国会図書館デジタルコレクション」へのリンクが掲載されています。図書館送信の場合は、図書館送信の参加館からアクセスすることでデジタル化資料を閲覧することができます。詳しくは次のページをご覧ください。
    図書館向けデジタル化資料送信サービス
  • 【 】内は、国立国会図書館の請求記号です。
  • 資料からの引用が旧字体の場合、常用漢字に直しました。
  • 「本の万華鏡」第4回は2010年3月に公開しました。内容は公開当時の情報に基づきます。

次へ
第1章 ベストセラー前史



ページの
先頭へ