ホーム > 関西館 > 利用の流れ > 関西館利用の流れ > 資料を利用する(開架資料・デジタル化資料・データベース)

資料を利用する(開架資料・デジタル化資料・データベース)

資料の閲覧

写真: 閲覧室の開架資料
開架資料

写真: 閲覧席
閲覧席

資料は閲覧室(総合閲覧室、アジア情報室)、研究室でご利用ください。
書架に並んでいる資料(開架資料)は、閲覧室、研究室で自由に利用できます。
ご持参のパソコンを使える席もあります。

デジタル化資料

国立国会図書館デジタルコレクションの画面例

原本ではなく、デジタル画像でご利用いただく資料があります。館内の端末で閲覧してください。
館外からインターネットで閲覧できるものもあります。

データベースの利用

館内で利用できる電子ジャーナル・データベース等一覧の画面例

館内の端末で、電子ジャーナルやオンラインデータベースを利用できます。

展示コーナー

写真: 閲覧室のけいはんな学研都市コーナー
けいはんな学研都市コーナー

写真: 展示コーナー
過去の資料展示

閲覧室では、展示コーナーも設けています。
常設の「けいはんな学研都市コーナー」や、テーマごとの資料展示(不定期)、新着資料の展示などを行っています。

イベント情報コーナー

写真: イベント情報コーナー

主に関西圏の図書館、美術館、博物館などで開催されるイベントのチラシ等を掲示・配布しています。

このページの先頭へ