近代日本人の肖像

竹久 たけひさ 夢二 ゆめじ

生没年
明治17年9月16日 〜 昭和9年9月1日
1884年9月16日 〜 1934年9月1日)
出身地
岡山県
職業・身分
芸術家 文学者
別称
茂次郎(本名)

解説

画家、詩人。明治34(1901)年上京し、苦学しながら早稲田実業学校へ通うも、36年雑誌『中学世界』への投稿作品が入選したのを機に中退。荒畑寒村と親しく、平民社の機関紙『直言』に挿絵を描く一方、島村抱月のもとで『東京日日新聞』にコマ絵を描いた。42年『夢二画集 春の巻』を出版後、画集や詩画集を続々と刊行した。彼の独特の美人画は「夢二式美人」と呼ばれ、人気を博した。また大正7(1918)年以降、その作詞による「宵待草」が流行した。

関連資料

作品

電子展示会「NDLイメージバンク」より

歴史的音源

竹久夢二の作品、演説を聴く

SNSでシェア

竹久 たけひさ 夢二 ゆめじ

竹久夢二の肖像
  • 竹久夢二の肖像1枚目
  • 竹久夢二の肖像2枚目
  • 竹久夢二の肖像3枚目
出典: