川上 かわかみ 眉山 びざん

生没年
明治2年3月5日 〜 明治41年6月15日
1869年4月16日 〜 1908年6月15日)
出身地
大阪府
職業・身分
文学者
別称
川上亮(かわかみあきら)(本名)、煙波散人(別号)、烟波生

解説

小説家。尾崎紅葉、山田美妙らと親しくなり、明治19(1886)年硯友社に参加。『我楽多文庫』に『墨染桜』(1890)を発表。東京帝大を中退し、『賤機』(1893)、『白藤』(1893)等を発表した後『文学界』同人たちと交友、観念小説と呼ばれた『書記官』(1896)等で流行作家となる。その後は紀行文や農村の封建制を扱った『観音岩』(1903-07)等を発表したが、41(1908)年自殺した。

関連資料

著作

全集

SNSでシェア

川上 かわかみ 眉山 びざん

川上眉山の肖像
  • 川上眉山の肖像1枚目
出典:

関連人物