近代日本人の肖像

植木 うえき 枝盛 えもり

生没年
安政4年1月20日 〜 明治25年1月23日
1857年2月14日 〜 1892年1月23日)
出身地
高知県
職業・身分
政治家 学者(人文科学)

解説

自由民権思想家、政治家。板垣退助や明六社の影響を受け、明治8(1875)年上京、自由民権運動に加わる。9年『郵便報知新聞』掲載の投稿「猿人政府」により投獄、10年立志社に参加、愛国社再興、国会期成同盟、自由党等の運動に加わる。14年に「日本国国憲按」を起草。23年第1回衆議院議員選挙に高知3区より出馬し当選。『民権自由論』等の出版により民衆啓蒙を行った。

関連資料

著作

電子展示会「日記の世界」より

電子展示会「史料にみる日本の近代」より

SNSでシェア

植木 うえき 枝盛 えもり

植木枝盛の肖像
  • 植木枝盛の肖像1枚目
  • 植木枝盛の肖像2枚目
  • 植木枝盛の肖像3枚目
出典:

関連人物