高木 たかき 兼寛 かねひろ

生没年
嘉永2年9月15日 〜 大正9年4月13日
1849年10月30日 〜 1920年4月13日)
出身地
宮崎県
職業・身分
海軍軍人 学者(自然科学) 教育家
別称
藤四郎(幼名)、穆園(号)、兼寛(けんかん)

解説

海軍軍医。鹿児島開成学校で西洋医学を学び、明治5(1872)年海軍軍医、8(1875)年イギリスに留学した。13(1880)年日本人初のイギリス外科医師会会員となって帰国し、18(1885)年に海軍軍医総監となる。海軍の脚気罹病を撲滅するため兵食の改善を図り、脚気を一掃することに成功、その功により男爵となる。また、14(1881)年に成医会講習所(後の東京慈恵会医科大学)を設立し、その後も医学校、病院、看護学校を創設。医師の養成だけでなく、看護師の養成にも尽力した。

関連資料

著作

SNSでシェア

高木 たかき 兼寛 かねひろ

高木兼寛の肖像
  • 高木兼寛の肖像1枚目
  • 高木兼寛の肖像2枚目
  • 高木兼寛の肖像3枚目
  • 高木兼寛の肖像4枚目
  • 高木兼寛の肖像5枚目
  • 高木兼寛の肖像6枚目
出典: