長岡 ながおか 半太郎 はんたろう

生没年
慶応元年6月28日 〜 昭和25年12月11日
1865年8月19日 〜 1950年12月11日)
出身地
長崎県
職業・身分
学者(自然科学) 政治家

解説

物理学者。大村藩士の家に生まれる。明治20(1887)年帝大卒業。26(1893)年にドイツへ留学、29(1896)年の帰国後に東京帝大教授となる。理化学研究所の設立にも関与。36(1903)年に原子模型の論文を発表、国際的に高い評価を得、日本物理学の発展の基礎を築いた。昭和12(1937)年に第一回文化勲章を受章。他に大阪帝大初代総長、貴族院議員、帝国学士院院長などを歴任した。昭和6(1934)年から22年まで貴族院議員。

関連資料

著作

SNSでシェア

長岡 ながおか 半太郎 はんたろう

長岡半太郎の肖像
  • 長岡半太郎の肖像1枚目
  • 長岡半太郎の肖像2枚目
  • 長岡半太郎の肖像3枚目
  • 長岡半太郎の肖像4枚目
  • 長岡半太郎の肖像5枚目
  • 長岡半太郎の肖像6枚目
出典: