はじめに

落書きの定番「へのへのもへじ」を誰もが一度は書いたことがあるのではないでしょうか。今回の展示「へのへのもじえ(文字絵)」では、「へのへのもへじ」に代表される「文字絵」を取り上げています。「文字絵」とは、文字を連ねて輪郭を表したり、絵の中に文字をあしらって表現する絵のことです。平安時代から現代まで連綿と続く歴史があり、それぞれの時代で趣向が凝らされていた様々な文字絵を、その誕生、宗教的側面、遊びの側面から振り返ります。文字を使って絵を描くことへの情熱や、洒落、粋の心を感じていただければ幸いです。

  • 拡大画像にはデジタルコレクションあるいは図書館送信のボタンがあり、当該資料の「国立国会図書館デジタルコレクション」へのリンクが掲載されています。図書館送信の場合は、図書館送信の参加館からアクセスすることでデジタル化資料を閲覧することができます。詳しくは次のページをご覧ください。
    図書館向けデジタル化資料送信サービス
  • 【 】内は、国立国会図書館の請求記号です。
  • 資料からの引用が旧字体の場合、常用漢字に直しました。
  • 「本の万華鏡」第9回は2011年2月に公開しました。内容は公開当時の情報に基づきます。

次へ
第1章 文字絵 始まる



ページの
先頭へ