はじめに

1910(明治43)年12月19日、日本人による動力飛行が国内で初めて成功しました。ライト兄弟による世界初の動力飛行からわずか7年後のことです。今年(2010年)は、この初飛行から数えて100年目にあたります。
「本の万華鏡」第5回では、飛行機が日本の空を初めて飛んだ明治時代から、記録ラッシュに沸いた昭和初期までを振り返り、当時の熱気あふれる様子を紹介します。
第1章では、日本人による国内初の動力飛行や国産機の初飛行など、大正初期までの出来事を取り上げます。第2章では、航空産業の発展と、数々の記録が樹立された様子を中心に、世界一周が成し遂げられた1939(昭和14)年までを紹介します。第3章では、世間の話題となった飛行機は、人々からどのように受け止められていたのかについて、文学作品や当時の新聞記事などを交え紹介します。
本展示を通して、空に果敢に挑んでいった先人達の情熱と、時代の躍動感を感じていただければ幸いです。

  • 拡大画像にはデジタルコレクションあるいは図書館送信のボタンがあり、当該資料の「国立国会図書館デジタルコレクション」へのリンクが掲載されています。図書館送信の場合は、図書館送信の参加館からアクセスすることでデジタル化資料を閲覧することができます。詳しくは次のページをご覧ください。
    図書館向けデジタル化資料送信サービス
  • 【 】内は、国立国会図書館の請求記号です。
  • 資料からの引用が旧字体の場合、常用漢字に直しました。
  • 「本の万華鏡」第5回は2010年10月に公開しました。内容は公開当時の情報に基づきます。

次へ
第1章 日本人、初飛行へ



ページの
先頭へ