はじめに

鎖国が終わり、開国という時代の転機の真っただ中にあった日本には、西洋からの様々な文物が押し寄せて来ます。日本人は、それらを様々な形で取り入れていきました。
その一つの例が「洋靴」です。珍しい西洋の品物として紹介されることから始まり、軍隊や官公庁などで取り入れられることで、喜んで、あるいは嫌々ながら、人々は靴を履き始めます。さらに、ファッションとしても受け入れていきました。
今回の展示では、「洋靴」をテーマに、日本人がどのようにそれと出会い、受け入れていったかに焦点をあてて資料をご紹介します。普段足元を意識する方もしない方も、その歴史について思いをはせてみるのはいかがでしょうか。どうぞお楽しみください。

  • 拡大画像にはデジタルコレクションあるいは図書館送信のボタンがあり、当該資料の「国立国会図書館デジタルコレクション」へのリンクが掲載されています。図書館送信の場合は、図書館送信の参加館からアクセスすることでデジタル化資料を閲覧することができます。詳しくは次のページをご覧ください。
    図書館向けデジタル化資料送信サービス
  • 【 】内は、国立国会図書館の請求記号です。
  • 資料からの引用が旧字体の場合、常用漢字に直しました。
  • 「本の万華鏡」第2回は2009年9月に公開しました。内容は公開当時の情報に基づきます。

次へ
第1章 洋靴事始



ページの
先頭へ