はじめに

明治に入り、日本人建築家による西洋式の建築が建てられるようになりました。今回の「本の万華鏡」では、急速な近代化を象徴するそれらの建築に関わった建築家たちと、建築家同士の戦いの場、建築設計競技(コンペ)に関する資料を「日本近代建築の夜明け」と題して取り上げます。また、近代建築が名所として認識され、名所案内や写真集に取り上げられている様子を紹介します。

  • 拡大画像にはデジタルコレクションあるいは図書館送信のボタンがあり、当該資料の「国立国会図書館デジタルコレクション」へのリンクが掲載されています。図書館送信の場合は、図書館送信の参加館からアクセスすることでデジタル化資料を閲覧することができます。詳しくは次のページをご覧ください。
    図書館向けデジタル化資料送信サービス
  • 【 】内は、国立国会図書館の請求記号です。
  • 「本の万華鏡」第16回は2014年6月に公開しました。内容は公開当時の情報に基づきます。

次へ
第1章 「建築家」誕生



ページの
先頭へ