はじめに

平成25(2013)年9月7日アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれた国際オリンピック委員会(IOC)総会で、2020年夏のオリンピックの開催地に東京が選ばれました。東京での開催は、昭和39(1964)年以来56年ぶり2回目となります。しかし、昭和15(1940)年にも開催が決定しながら最終的に返上した東京オリンピックがあったことは、あまり知られていないのではないでしょうか。
今回の「本の万華鏡」では、この幻に終わった東京オリンピックを中心に、日本のオリンピック参加の歴史を取り上げます。

  • 拡大画像にはデジタルコレクションあるいは図書館送信のボタンがあり、当該資料の「国立国会図書館デジタルコレクション」へのリンクが掲載されています。図書館送信の場合は、図書館送信の参加館からアクセスすることでデジタル化資料を閲覧することができます。詳しくは次のページをご覧ください。
    図書館向けデジタル化資料送信サービス
  • 【 】内は、国立国会図書館の請求記号です。
  • 「本の万華鏡」第15回は2014年2月に公開しました。内容は公開当時の情報に基づきます。

次へ 第1章
日本のオリンピック参加の歩み



ページの
先頭へ