ホーム > 国際協力活動 > 国際協力関係ニュース

国際協力関係ニュース

国立国会図書館職員が参加する国際会議や当館が行う国際交流に関するニュースを掲載します。

※2016年以前は、以下のインターネット資料収集保存事業(WARP)をご覧ください。

国際協力関係ニュース 2019年

2019年8月24日~30日

アテネ(ギリシャ)において、国際図書館連盟(IFLA)第85回年次大会(テーマ:「図書館:変化への対話」)が開催され、当館からは、羽入佐和子館長を団長とする9名の代表団が参加しました。羽入館長は、27日に開催された国立図書館長会議(CDNL)にも出席しました。(IFLA及びCDNLについてはリンク集をご覧ください。)また、当館職員は以下のとおり報告を行いました。
•佐藤従子収集書誌部司書監:Preparing for Mega-Quakes: Disaster Mitigation at the National Diet Library」(プレゼンテーション資料(英語):[PDF 2197 KB])(資料保存分科会、PAC、貴重書・特別コレクション分科会共催オープンセッション)
•相原雅樹利用者サービス部科学技術・経済課主査:「Grey Literature in Japanese Academia: Efforts by the National Diet Library to acquire and provide access to the journals and conference proceedings of academic societies and associations」(プレゼンテーション資料(英語)(上保佳穂利用者サービス部科学技術・経済課長共著):[PDF 470 KB])(逐次刊行物・その他の継続的資源分科会及び国立図書館分科会合同サテライトミーティング)
•青池亨電子情報部電子情報企画課次世代システム開発研究室開発研究係員:「New Functionality for Digital Libraries: Approaches by the National Diet Library of Japan for improving discoverability of information」(プレゼンテーション資料(英語)(里見航電子情報部電子情報企画課次世代システム開発研究室開発研究係員・川島隆徳総務部企画課企画係長共著:[PDF 944 KB])(知識マネジメント分科会(情報技術分科会、ビッグデータSIG)オープンセッション)

2019年8月7日

オーストリア議会図書館長のエリーザベト・ディートリッヒ‐シュルツ氏が当館を訪問しました。

2019年8月4日~10日

ナッシュビル(米国)において、全米州議会協議会(NCSL)議会サミット2019が開催され、当館から高野雄太調査及び立法考査局社会労働課員が出席しました。

2019年6月29日~7月6日

メルボルン(オーストラリア)において、第21回オーストラリア日本研究学会(JSAA2019)が開催されました。当館からは本田麻衣子関西館文献提供課主査が出席し、「Online Resources for Japanese Studies at the National Diet Library」(プレゼンテーション資料(英語):[PDF: 2029KB])と題する報告を行いました。

2019年6月3日~9日

ザグレブ(クロアチア)において、国際インターネット保存コンソーシアム(IIPC)総会及びウェブアーカイビング会議が開催されました。当館からは、大山聡関西館電子図書館課主査兼電子化資料提供係長と福山樹里利用者サービス部政治史料課占領期資料係長が参加し、福山係長が「Developing impact assessment indicators: Making a proposal for the UK Web Archive」(プレゼンテーション資料(英語):[PDF: 2999KB])と題する報告を行いました。

2019年5月5日~12日

オタワ(カナダ)において国際標準化機構情報ドキュメンテーション専門委員会(ISO/TC46)総会等が開催され、当館から栁澤健太郎収集書誌部逐次刊行物・特別資料課主査と奥田倫子電子情報部電子情報流通課主査兼標準化推進係長が出席しました。

2019年4月22日

へシャムエジプト国立図書館・公文書館議長とアビエラエジプト通信情報技術省大臣顧問の一行が当館を訪問しました。

2019年4月2日~4日

フィラデルフィア(アメリカ)において、国際データフォーラム及び研究データ同盟(RDA)第13回総会が開催されました。当館からは西川久司利用者サービス部科学技術・経済課員が参加しました。

2019年3月25日

上海少年児童図書館の盧秋勤館長を招き、国際子ども図書館で「中国の子どもの読書と図書館の現在」と題する講演会を行いました。講演会の概要はイベントのページをご覧ください。

2019年3月21日~24日

デンバー(アメリカ)において、アジア学会(AAS)・東亜図書館協会(CEAL)2019年次総会及び2019年北米日本研究資料調整協議会(NCC)会議が開催されました。当館からは津田深雪関西館文献提供課課長補佐、舟越瑞枝調査及び立法考査局文教科学技術課副主査が出席しました。NCCでは、「Overview of the Amended Copyright Act of Japan and Its Impact on NDL Services」(プレゼンテーション資料(英語):[PDF:646KB]) と題する報告を行いました。(CEAL、NCCの詳細については国際的図書館団体等のリンク集のページをご覧ください。)

2019年3月21日~22日

ハーグ(オランダ)においてワールドデジタルライブラリー総会が開催され、当館からは福林靖博電子情報部電子情報企画課課長補佐が出席しました。

2019年3月18日

ブルネイ・ダルサラーム国図書館協会会長であるネリー・ ダトーゥ・パドーゥカ・サニー氏一行9名が当館を訪問しました。

2019年2月19日~22日

シンガポールにおいて第27回アジア・オセアニア地域国立図書館長会議(CDNLAO)が開催されました。当館からは本吉理彦関西館長と依田紀久関西館文献提供課主査が出席しました。会議では本吉関西館長が「Contribution to the information infrastructure of society, and universal access」(プレゼンテーション資料(英語):[PDF:875KB])と題する報告を行いました。(CDNLAOについては国際的図書館団体等のリンク集のページをご参照ください。)

2019年2月8日

イラン文化イスラム関係庁長官のアブザル・エブラヒミ・トルキャマン氏一行が当館を訪問しました。

2019年1月20日

2016年国際アンデルセン賞作家賞を受賞した中国の代表的児童文学作家、曹文軒氏を当館に招き、国際子ども図書館で「中国の児童文学者 曹文軒―私の人生、私の文学」と題する講演会を行いました。講演会の概要はイベントのページをご覧ください。)

このページの先頭へ