与謝野晶子 よさの あきこ(1878〜1942)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:よ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:大阪府[前の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:文学者[前の人物]

職業・身分 文学者
出身地(現在) 大阪府
生没年月日 明治11年12月7日〜昭和17年5月29日
1878年12月7日〜1942年5月29日)
号・別称等 鳳晶(ほうしょう)

解説

歌人、詩人。堺女学校卒業。明治32年(1899)関西青年文学会に参加、33年与謝野鉄幹の東京新詩社に参加し、『明星』誌上に短歌を掲載。鉄幹と恋愛関係となり上京、34年8月『みだれ髪』を発表、反響を呼んだ。同年鉄幹と結婚。その後も日本浪漫主義を代表する歌人として多くの歌集を発表した。日露戦争の際発表した詩「君死にたまふことなかれ」も著名。『源氏物語』の現代語訳、大正10年(1921)文化学院の創立への参加、婦人問題・教育問題への積極的発言など、短歌以外にも幅広い分野において活躍した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:与謝野晶子詩歌集
請求記号:911.168-Y774y2
白黒、10.5×14.2 cm