正岡子規 まさおか しき(1867〜1902)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ま[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:愛媛県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:文学者[前の人物次の人物]

職業・身分 文学者
出身地(現在) 愛媛県
生没年月日 慶応3年9月17日〜明治35年9月19日
1867年10月14日〜1902年9月19日)
号・別称等 獺祭書屋主人(だっさいしょおくしゅじん)
竹の里人(たけのさとびと)
正岡常規(まさおか つねのり)

解説

俳人、歌人。父は松山藩士。帝国大学文科大学中退。明治25年(1892)日本新聞社に入社、『日本』紙上を中心に文学活動を行い、俳句、短歌の革新運動を進め写生論を提唱した。日清戦争従軍後に喀血し病床生活を送るなか、『俳諧大要』(1895~連載、1899刊)を著し、俳誌『ホトトギス』を指導。31年には「歌よみに与ふる書」を連載して短歌革新に着手し、根岸短歌会を主宰。著作に句集『寒山落木』(1924)、歌集『竹の里歌』(1904)などがある。門下に高浜虚子、伊藤左千夫らがいる。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:明治文学研究. 第2巻 正岡子規
請求記号:910.26-F63ウ
白黒、6.6×7.4 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:漱石の思ひ出
請求記号:536-439
白黒、6.0×9.1 cm