芥川龍之介 あくたがわ りゅうのすけ(1892〜1927)

現在のカテゴリー:生年月日順:1890年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:あ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:文学者[次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[次の人物]

職業・身分 文学者
出身地(現在) 東京都
生没年月日 明治25年3月1日〜昭和2年7月24日
1892年3月1日〜1927年7月24日)
号・別称等 澄江堂主人(ちょうこうどうしゅじん)
我鬼(がき)

解説

小説家。大正5年(1916)東京帝大在学中に発表した「鼻」が夏目漱石に評価され、文壇に登場。卒業後、海軍機関学校の嘱託教官として英語を教える傍ら、「芋粥」(1916)、「奉教人の死」(1918)、第一短編集『羅生門』(1917)などを発表。8年(1919)海軍機関学校を辞職、大阪毎日新聞社社員として文筆活動に専念する。昭和2年(1927)36歳で自殺した。芥川比呂志、也寸志の父。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:芥川竜之介集
請求記号:568-133
白黒、8.7×12.6 cm