品川弥二郎 しながわ やじろう(1843〜1900)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:し[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山口県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家
出身地(現在) 山口県
生没年月日 天保14年閏9月29日〜明治33年2月26日
1843年11月20日〜1900年2月26日)

解説

父は萩藩士。安政4年(1857)松下村塾に入り、吉田松陰に師事。以後尊皇攘夷運動に奔走。文久2年(1862)イギリス公使館焼討事件に参加。戊辰戦争では奥羽鎮撫総督参謀、整武隊参謀をつとめる。明治3年(1870)欧州留学。帰国後、内務大書記官、内務少輔、農商務大輔などを歴任。農林業の育成に力を注ぐ。駐独公使、宮中顧問官、枢密顧問官をへて、24年第1次松方内閣内相に就任。民党に対する大規模な選挙干渉を行い辞職。以後国民協会を創設し、副会頭となる。また産業組合の結成にも尽力した。「トコトンヤレ節」の作詞者でもある。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其1
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm