• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • サービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 国立国会図書館について > 電子図書館事業 > 電子情報に関する標準 > 国立国会図書館ウェブアクセシビリティ方針

国立国会図書館ウェブアクセシビリティ方針

平成28年8月 改訂版

国立国会図書館では、継続的かつ計画的にウェブアクセシビリティの確保・向上に取り組みます。国立国会図書館がインターネット等を通じて提供するサービス(以下「ウェブサービス」という。)は、JIS X 8341-3:2016「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」の適合レベルAAに準拠することを目標とします。

1. 対象範囲

2. 目標とする適合レベルと対応度

JIS X 8341-3:2016のウェブアクセシビリティ適合レベルAAに準拠※

※適合レベルAAに準拠とは
JIS X 8341-3:2016にはA、AA及びAAAの3つの適合レベルがあります。レベルA及びAAの全ての達成基準を満たす場合に「適合レベルAAに準拠」といいます。この表記方法は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツの JIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン 2016年3月版」で定められた表記によるものです。

3. 目標を達成する期限

  • (1)平成30年3月31日までに、1. (1)に示す国立国会図書館ホームページ及び国立国会図書館国際子ども図書館ホームページを最優先として、目標達成に取り組みます。ただし、1.(1)のうち、以下のウェブページは、現時点の対応が困難であるため、平成30年度以降の取組課題とし、それまでは現状で可能な範囲で目標達成に向けた取組を進めます。
    • Books on Japan(日本関係欧文図書目録)
    • CDNLAO関係ページ
    • 電子展示会
  • (2)1. (2)に示す国立国会図書館が提供するウェブサービス全てについては、システム面での現時点の対応が困難であるため、平成30年度以降の取組課題とします。ただし、これらについては、問合せ先を明記するなど代替となる説明手段を提供するとともに、現状で可能な範囲で目標達成に向けた取組を進めます。

4. 追加する達成基準

レベルAAAのうち、以下の基準についても可能な限り達成することを目指します。

  • 2.1.3 キーボード(例外なし)の達成基準
  • 2.3.2 3回のせん(閃)光の達成基準
  • 2.4.8 現在位置の達成基準
  • 3.2.5 要求による変化の達成基準

改訂情報

  • 平成25年6月 策定(初版)
  • 平成28年8月 改訂版

国立国会図書館ウェブアクセシビリティ方針に関する問い合わせ先

国立国会図書館 電子情報部
電子情報流通課 標準化推進係
メールアドレス:standardizationアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー

このページの先頭へ