• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 国立国会図書館について > オンライン資料収集制度(eデポ)

オンライン資料収集制度(eデポ)

1. オンライン資料とは

インターネット等で出版(公開)される電子情報で、図書または逐次刊行物に相当するもの(電子書籍、電子雑誌等)をオンライン資料と言います。国立国会図書館は、平成25年7月1日から、改正国立国会図書館法に基づき、私人が出版したオンライン資料を収集・保存しています。当面、無償かつDRM(技術的制限手段)のないものに限定して、収集します。
有償のオンライン資料については実証実験を行っています。詳細は「電子書籍・電子雑誌収集実証実験事業」のページをご覧ください。

2. オンライン資料の具体例

私人のオンライン資料の具体例は下表のとおりです。これらのうち、にあたるものが収集の対象となります。

(オンライン資料の具体例が収集対象かどうかを「無償かつDRMなし」と「有償もしくはDRMあり」とに分けて記載しています。)

私人のオンライン資料の具体例 無償かつDRMなし 有償もしくはDRMあり
ISBNISSNDOIが付与されたもの PDFEPUBDAISYで作成されたもの
年報、年鑑、要覧、機関誌、広報誌、紀要、論文集、雑誌論文、調査・研究報告書、学会誌、ニューズレター、学会要旨集、事業報告書、技報、CSR報告書、社史、統計書、その他、図書や逐次刊行物に相当するもの
(収集の対象)

(収集の対象)
×
(収集の対象ではありません)

※以下は収集の対象ではありません

  • J-Stage、CiNii、機関リポジトリで公開している資料
  • 金融庁EDINETでの提出を義務付けられている有価証券報告書等

3. オンライン資料の納入

2のオンライン資料を出版した私人の方は、国立国会図書館への納入が義務付けられています。以下から納入の手続きを行ってください。

オンライン資料の納入

4. 制度の詳細

5. お問い合わせ

〒619-0287 京都府相楽郡精華町精華台8-1-3
国立国会図書館関西館電子図書館課
メールアドレス:onlineアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー

このページの先頭へ