浅野 あさの 総一郎(初代) そういちろう(しょだい)

生没年
嘉永元年3月10日 〜 昭和5年11月9日
1848年4月13日 〜 1930年11月9日)
出身地
富山県
職業・身分
実業家
別称
泰治郎(幼名)

解説

医師の子として生まれるが、若くして事業を興す。地元物産の販売等を手がけるも失敗し、明治4(1871)年に上京、薪炭・石炭などの商売を通じて渋沢栄一の知遇を得、17(1884)年に払い下げられた官営深川セメント工場を浅野セメント(後の太平洋セメント)として発展させる。また同郷の安田善次郎の資金援助を受け、海運・鉱山・造船・鉄鋼・電力など多角的に事業を展開し、一代で浅野財閥を築き上げた。

関連資料

SNSでシェア

浅野 あさの 総一郎(初代) そういちろう(しょだい)

浅野総一郎(初代)の肖像
  • 浅野総一郎(初代)の肖像1枚目
  • 浅野総一郎(初代)の肖像2枚目
  • 浅野総一郎(初代)の肖像3枚目
出典:

関連ピックアップ