広津 ひろつ 和郎 かずお

生没年
明治24年12月5日 〜 昭和43年9月21日
1891年12月5日 〜 1968年9月21日)
出身地
東京都
職業・身分
文学者

解説

小説家。父は硯友社の作家広津柳浪。大正元(1912)年早稲田大学在学中、葛西善蔵らと同人雑誌『奇蹟』を創刊。5(1916)年に雑誌『洪水以後』の文芸時評を担当、翌年には『神経病時代』を発表し作家として認められる。また評論集『作者の感想』(1920)等、評論家としても活躍する。以後は『やもり』(1919)等の作品を書きつつ、時代の動向と文学思潮に対して積極的な発言を行った。戦後においても創作と批評活動は続け、『松川裁判』(1958)、『年月のあしおと』(1963)等を発表した。

関連資料

著作

SNSでシェア

広津 ひろつ 和郎 かずお

広津和郎の肖像
  • 広津和郎の肖像1枚目
  • 広津和郎の肖像2枚目
  • 広津和郎の肖像3枚目
  • 広津和郎の肖像4枚目
出典:

関連人物