豊島 とよしま 与志雄 よしお

生没年
明治23年11月27日 〜 昭和30年6月18日
1890年11月27日 〜 1955年6月18日)
出身地
福岡県
職業・身分
文学者 学者(人文科学)

解説

小説家、翻訳家、児童文学作家。大正3(1914)年東京帝国大学在学中、芥川竜之介らと第3次『新思潮』を創刊、「湖水と彼等」を掲載する。同年『帝国文学』に発表した『彼と彼の叔父』が中村星湖に認められ、文壇に登場。以後、法政大学、明治大学、東京大学等で教鞭をとりながら反自然主義的作風で執筆を続け、『野ざらし』(1923)等を発表した。またヴィクトル・ユゴー『レ・ミゼラブル』(1918-19)やロマン・ロラン『ジャン・クリストフ』(1920)の翻訳は、名訳としての誉れが高い。

関連資料

著作

翻訳

直筆資料

SNSでシェア

豊島 とよしま 与志雄 よしお

豊島与志雄の肖像
  • 豊島与志雄の肖像1枚目
  • 豊島与志雄の肖像2枚目
  • 豊島与志雄の肖像3枚目
  • 豊島与志雄の肖像4枚目
出典:

関連人物