石川 いしかわ じゅん

生没年
明治32年3月7日 〜 昭和62年12月29日
1899年3月7日 〜 1987年12月29日)
出身地
東京都
職業・身分
文学者
別称
淳(きよし)(本名)、夷斎(号)

解説

小説家、評論家。東京外国語学校を卒業して大正13(1924)年にフランス語教師となるも2年で辞職、その後はアンドレ・ジッドの翻訳等を手掛ける。昭和10(1935)年『佳人』で作家として出発した後、『普賢』(1936)等を続けて発表。13(1938)年『マルスの歌』は反軍国的思想のため発禁処分を受けるも、『白描』(1939)等の作品や批評を書く。戦後は『焼跡のイエス』(1946)等により無頼派と呼ばれる。

関連資料

国立国会図書館オンライン

SNSでシェア

石川 いしかわ じゅん

石川淳の肖像
  • 石川淳の肖像1枚目
  • 石川淳の肖像2枚目
  • 石川淳の肖像3枚目
出典: