野上 のがみ 弥生子 やえこ

生没年
明治18年5月6日 〜 昭和60年3月30日
1885年5月6日 〜 1985年3月30日)
出身地
大分県
職業・身分
文学者
別称
野上ヤヱ(本名)

解説

小説家。同郷で夏目漱石の門下である野上豊一郎と結婚、豊一郎を通して創作を始め、漱石の指導のもと、40(1908)年『ホトトギス』に写生文の処女作『縁』を発表した。大正期には、リアリズムに基づく理想主義的な作品を示した。昭和期には、社会的傾向を強め、『迷路』(1936-56)は戦後文学の代表作とされる。その後も晩年まで旺盛な創作活動は続き、『秀吉と利休』(1962-63)等を発表した。昭和46(1971)年文化勲章受章。

関連資料

著作

SNSでシェア

野上 のがみ 弥生子 やえこ

野上弥生子の肖像
  • 野上弥生子の肖像1枚目
  • 野上弥生子の肖像2枚目
  • 野上弥生子の肖像3枚目
出典:

関連人物