岡本 おかもと かの子 かのこ

生没年
明治22年3月1日 〜 昭和14年2月18日
1889年3月1日 〜 1939年2月18日)
出身地
東京都
職業・身分
文学者
別称
岡本カノ(本名)、大貫(旧姓)、大貫可能子(筆名)

解説

小説家、歌人。兄・大貫晶川の影響で文学書に親しみ、明治39(1906)年与謝野晶子の新詩社に参加、『明星』に新体詩や和歌を発表。43(1910)年画家の岡本一平と結婚。夫婦間の危機に遭いつつ、平塚らいてうの青鞜社に参加、第一歌集『かろきねたみ』(1912)を発表した。大正3(1914)年神経衰弱のため入院、仏教に救いを求めるようになる。昭和4(1929)年一家で欧米に遊学、7(1918)年帰国して小説家に転向。11(1922)年川端康成の推薦で『文学界』に『鶴は病みき』(1936)を発表した。没するまでの短期間に『母子叙情』(1937)等の耽美的な作品を発表した。

関連資料

著作

全集

SNSでシェア

岡本 おかもと かの子 かのこ

岡本かの子の肖像
  • 岡本かの子の肖像1枚目
  • 岡本かの子の肖像2枚目
  • 岡本かの子の肖像3枚目
出典: