円地 えんち 文子 ふみこ

生没年
明治38年10月2日 〜 昭和61年11月14日
1905年10月2日 〜 1986年11月14日)
出身地
東京都
職業・身分
文学者

解説

小説家、劇作家。国語学者上田万年の次女。当初は劇作家として『晩春騒夜』(1928)、『惜春』(1935)等の戯曲を書き、以後は小説に転じた。昭和28(1953)年『ひもじい月日』で才能を開花させ、旺盛な創作活動を始める。女性の情念や官能美の世界を描いた作品を多数残した。平安・江戸文学にも造詣が深く、『円地文子訳源氏物語』(1972-73)も刊行した。60(1985)年文化勲章受章。

関連資料

著作

SNSでシェア

円地 えんち 文子 ふみこ

円地文子の肖像
  • 円地文子の肖像1枚目
  • 円地文子の肖像2枚目
  • 円地文子の肖像3枚目
出典:

関連人物