幸田 こうだ あや

生没年
明治37年9月1日 〜 平成2年10月31日
1904年9月1日 〜 1990年10月31日)
出身地
東京都
職業・身分
文学者

解説

随筆家、小説家。幸田露伴の次女。昭和3(1928)年、24歳で酒問屋へ嫁ぐも10年を経て離婚。以降、晩年の露伴と共に暮らし、22(1947)年『芸林間歩』の露伴特集号に掲載した『雑記』が注目される。同年露伴の死去に伴い、『終焉』『葬送の記』を発表し、文壇に登場。その後は小説に転じた。

関連資料

国立国会図書館オンライン

SNSでシェア

幸田 こうだ あや

幸田文の肖像
  • 幸田文の肖像1枚目
  • 幸田文の肖像2枚目
  • 幸田文の肖像3枚目
出典: